宅配クリーニングの選び方はこちら CLICK

失敗しないブーツクリーニング|おすすめのクリーニング方法はこれで分かる

boots_kabi

このような悩みありませんか?

  • ブーツに汚れが染み込んでしまい、拭いても取れない
  • ブーツの臭いが気になる
  • ブーツにカビが生えてしまった

でもブーツを自分で洗うのは不安です。

そこで、ブーツは自分で洗えるのか、ブーツクリーニングのプロに任せる場合は、何を基準に選ぶべきなのか?といった疑問があるかと思います。

このページを読めば、ブーツクリーニングに出す時の注意点や費用感の相場など、後悔しないブーツクリーニングの出し方が分かります!

目次

自分で洗ってはいけないブーツ

実は、ブーツの素材によっては自分で洗うことは可能です。

しかし、どんなブーツでも自分で洗うには専門的な知識と適切な処理をする事が必要で、時間と手間がかかります。また、下記のような問題点が発生してしまう可能性もあります。

  • 自分で洗うと型崩れしてしまう恐れがある
  • 乾燥方法を間違えるとカビが生える恐れがある
  • ブーツの素材によっての洗い分け方が必要

そのため、自分で洗うことは可能ではありますが、おすすめできません。

必ずクリーニングに出そう!自分で洗ってはいけないブーツ

特に下記のようなブーツは自分で洗ってしまうと、縮みや型崩れが起きてしまう可能性が高いです。

こんなのは注意
  • 本革素材
  • カビが生えている
  • 臭いが酷い
  • こすれや色落ちなど、メンテナンスや補色が必要
  • 季節の変わり目でしばらく履かない

それぞれ解説していきます。

本革素材のブーツ

レザーブーツ

本革素材のブーツはどれも水に弱いため、自分で洗うことはできません。

本革にはレザーやスエード、シープスキン(UGGのブーツなどに使われています)など様々な種類がありますが、どれも全て水に弱く、縮みや型崩れが起きたり水染みになりやすいのです。

そのため、自分で洗うことはやめましょう。

カビが生えているブーツ

boots_kabi

引用:美靴パック

※白いものがカビです

ブーツのカビは細かい装飾の裏や繊維の奥まで入り込んでおり、自分で落とすことは難しいです。

無理に落とそうとして洗うと、ブーツを傷つけたり、水洗いの湿気でカビが増える恐れがあります。

臭いが酷いブーツ

ブーツの酷い臭いの原因は、雑菌などの繁殖が原因の場合が多く、スプレーや消臭剤だけでは根本から消臭することが難しく、自分で水洗いしても臭いの元は落ちません。

ブーツは、1日履くとコップ1杯分(200ml)の汗を吸うと言われており、高温多湿で雑菌が繁殖しやすい環境になっています。

ブーツの臭いが気になる方は、日々のケアだけでなく定期的なクリーニングが重要です。

こすれや色落ちなど、メンテナンスや補色が必要なブーツ

boots_kosure

引用:美靴パック

ダメージのあるブーツを自分で洗ってしまうと、さらにダメージが広がってしまう恐れがあります。

また、ブーツの補修を自己判断で適当な補修クリームなどを使ってしまうと、もとの靴の色と合わず、二度と履けなくなってしまう可能性もあります。

修復やコーティングを行う際、結局は道具を揃える必要もあり失敗すると無駄な出費になってしまうので、メンテナンスが必要なブーツは、必ずプロの手に任せましょう。

季節の変わり目でしばらく履かないブーツ

1日コップ1杯の汗を吸うブーツは、ひと冬経つとかなりの湿気を含んでしまいます。

また、雨や雪で水染みや泥などが付いてしまうことが多く、このようなブーツをそのまま靴箱にしまってしまうと、カビが生えやすくなったり、泥汚れや水染みが落ちなくなってしまいます。

そのため、シーズン終わりには必ずクリーニングに出すようにしましょう。

中にはシーズン終わりにクリーニングに出すと、次のシーズンまで保管してくれるクリーニング店もあります。

自分で洗えるブーツ

下記のようなブーツは、自分で洗っても大丈夫なことが多いです。

  • 布素材
  • 合皮素材

布や合皮は水に強く、自宅で洗っても差し支えないでしょう。

ただし、布や合皮素材のブーツでも型崩れが心配だったり、ダメージがある場合はクリーニングに出した方が良いですよ。

ブーツのクリーニングは2種類の出し方がある

ブーツのクリーニングは、宅配クリーニングと店舗型クリーニングの2種類あります。

宅配クリーニングと店舗型クリーニングの違い

宅配クリーニングと店舗型クリーニングの違いを、メリットとデメリットにわけて簡単にまとめました。

店舗型クリーニングのメリットデメリット

メリット
  • 対面型の為、直接細かい要望を伝えることができる
  • 送料がかからない
  • 当日仕上げができる場合もある
デメリット
  • 持ち運びが大変
  • お店が込み合ってるなど待ち時間がかかる場合がある
  • 営業時間、定休日など受け取りたいときに受け取れない場合がある

宅配クリーニングのメリットデメリット

メリット
  • インターネットで24時間好きな時に依頼できる
  • 自宅に居ながら集荷・受け取りができる
  • 保管サービス対応の店舗もあり、オフシーズンはプロによる保管をしてもらえる
デメリット
  • クリーニングが終わるまで時間がかかる
  • 送料がかかる場合もある
  • 店舗型より少し割高になっている
  • 直接要望を伝えることが出来ない(業社次第)

ブーツのクリーニングは店舗型と宅配型ならどちらがおすすめ?

ブーツのクリーニングは、腕次第なのでどっちに出しても同じです。

基本的に、しっかりとしたケアをしてもらえる会社であればどこに出しても同じですが、店舗の広さなども参考に出す場所を選んでみるのをお勧めします。

なぜなら、ブーツは小さいとはいえ、数が多いと乾燥をさせる場所や、湿度を適切に保つ空間が重要になります。

これには十分なスペースが必要なので、ある程度のスペースがない店舗に出した場合は、乾燥させる際の方法があまり良くなかったりすることが十分に考えられます。

そういった点で考えると、ある程度スペースの確保されている宅配クリーニングにだす方が良かったりもします。

ブーツのクリーニング店選びに失敗しない5つのポイント

ブーツをクリーニングに出すに時に気を付けることや、どのような基準でお店を選べば失敗しないのかには、5つのポイントがあります。

  1. ブーツに合わせたクリーニングが出来る店を選ぶ
  2. 安心して任せられそうな店を選ぶ
  3. 基本料金の安さだけを基準にしない
  4. 仕上がりまでの期間を確認する
  5. 保管サービスの有無を確認する(必要があれば)

それぞれ解説していきますね。

ブーツに合わせたクリーニングができる店を選ぶ

クリーニングしたいブーツの素材や破損状況、また足数や仕上がり希望に対応できる店を選びましょう。

なぜなら、店によっては素材や破損状況、足数や仕上がりによって価格差や対応の可否に違いがあるからです。

選ぶ際には下記の点をよく確認しましょう。

  • 自分のブーツの素材が対応可能かどうか。
  • 破損や補色の状態が受付可能なのかどうか。
  • 1点で出すのか、まとめて出すのかで価格変動があるのかどうか。
  • ツヤ出しや補色加工が必要な場合は対応可能かどうか。

状態により価格の変動や、素材によっては受付ができない商品など二度手間になる可能性があります。

安心して任せられそうなクリーニング店を選ぶ

ブーツのクリーニングを依頼する時は、お店のホームページで以下5点の確認を推奨します。

  1. ホームページなどによりクリーニングのやり方など情報の開示がされているかどうか
  2. 自分のブーツの素材感など、このお店の洗剤や洗い方は余計に汚れが広がる恐れなどはないか
  3. 設立して何年なのかなどの企業情報
  4. 口コミなどを確認し、実際にクリーニングに出した人の生の声
  5. クリーニングに対して気に入らなかった場合の保証

ブーツのクリーニングには衣類より専門的な知識や経験が必要だからです。

選ぶ際には下記の点をよく確認しましょう。

基本料金の安さだけを基準にしない

  • 1点で出すのか、まとめて出すのかで価格変動があるのか
  • オプションサービスなども含めた上での適正価格なのか

ブーツのクリーニングは、基本料金に加えて送料がかかったりオプションサービス(補色など)もあるので、合計金額をよく確認しないと見た目の料金より高い!と感じることがあります。

また、ブーツのクリーニングは1足のみより、2足以上のパックにすると料金がお得になることも多いので、そちらもよく確認しましょう。

仕上がりまでの期間を確認する

ブーツのクリーニングは乾燥期間などもあり、仕上がりまでに1ヶ月以上かかる店もあります。

早く受け取らなければならない商品などは、仕上がるまでの時間を問い合わせるなどして、後悔しないように気を付けましょう。

保管サービスを有無を確認する(必要があれば)

シーズンオフでまとめてブーツをクリーニングに出す場合などは、保管サービスがあるととても便利です。更に受け取り前にリケアをして配達してくれる業者もあり、次のシーズンも安心してブーツを履ける。

特に宅配型クリーニングだと、長くて9か月ほど保管サービスがある店もあり、料金体系も様々です(保管無料の店もあります)

ブーツをクリーニングを出す前に、確認するべき4つのポイント

  1. 穴や破れなどの破損があるブーツでも出せるのかどうか
  2. スエードやムートン素材、ハイブランドのブーツでも対応可能かどうか
  3. ブーツのクリーニング方法は安心できるのか
  4. ブーツの保管場所はどんな環境か

ブーツをクリーニング出した後で、「このブーツは対応できません!」となったら困ってしまいますよね。

そうならないために、クリーニングする前にあらかじめ自分で確認する4つのポイントを説明します。

穴や破れなどの破損があるブーツでも出せるのかどうか

店によっては、ブーツの破損状況によって価格差や取扱い可否に違いがあります。

穴や破れを補修してくれる業社もありますが、クリーニングは受けてくれないことも多いので、クリーニングされるよりも補修業社を探しましょう。

スエードやムートン素材、ハイブランドのブーツでも対応可能かどうか

店によっては、ブーツの素材によっては価格差や取扱い可否に違いがあります。

また、ハイブランド商品などは手洗いなど特別な対応が可能な店を選ぶと良いでしょう。

出す前には下記の点をあらかじめホームページなどでよく確認しましょう。

  • スエードやムートンなどのクリーニングが難しい素材でも取扱い可能かどうか
  • ハイブランドなど、希望する場合は手洗いなど特別な対応が可能かどうか

ブーツのクリーニング方法は安心できるのか

店によっては、洗い方や乾燥の仕方などが違います。

また、洗ってくれる方の人柄やホームページの発信状況などを確認し、方法やどんな人がクリーニングしているのかを確認しましょう。

ブーツの保管場所はどんな環境か(保管希望の場合)

ブーツの保管を希望している場合は、どんな環境で保管してくれるのかを確認しましょう。

なぜなら、店によって保管環境は様々だからです。

湿度や温度、紫外線対策など、料金と環境のバランスを考えて選びましょう。

ブーツがクリーニングから戻ってきた時にチェックするべき5つのポイント

ブーツがクリーニングから戻ってきたときは、下記の5つのポイントをまずチェックしましょう。

問題があった場合は、早急にクリーニング店に相談してください。

  • なかった汚れやシミがついていないか
  • しわが伸びているか
  • 穴や破れなどがないか
  • 縮みや型崩れをしていないか
  • 不自然な色になっているところはないか

クリーニング後に、他の商品との摩擦などによって、シミや汚れが付着する可能性は十分に考えられます。

また革製品を洗うとなると、一度全部水につけて汚れを落とすことも多いので、細部まで乾燥工程でしわが伸ばせてくれているのか、縮みや型崩れがないかも細かく確認しましょう。

補色加工などを依頼した際、不自然な着色になっていないか、どうか確認してください。

ブーツのクリーニング回数を減らす3つの方法

ブーツは汚れないように上手に履けばクリーニング回数を大幅に減らすことが可能です。

汚れを抑えるコツは3つ
  1. こまめにブラッシングする
  2. 同じブーツは履かずに、何点かで履きまわす
  3. 風通りのいい場所で保管する

ブーツはいろんな素材のものがありますが、ついた汚れをブラシですぐに落とすことで、汚れの蓄積を防げます。

また、毎回同じブーツを履いてしまうと、歩き方などの癖により似たような場所ばかりに負担がかかるので、汚れやすくなってしまうので、何点かのブーツを履き回しましょう。

また当然保管方法も重要です。

とくに革製品は湿気に弱いので風通しの良い場所で保管すれば、カビなども防げます。

また革製のブーツは専用のオイルなどでメンテナンスをすれば汚れを弾いたり、そもそも水を内部まで通しにくくなるので、メンテナンスもしっかりしましょう

安心してブーツを任せられるおすすめクリーニング店

安心してブーツを任せられるクリーニング店を、下記の4つのポイントで比較していきます。

  • 安く丸洗いのみ行うときの料金比較
  • 丸洗いに加え、元通りの色へ復元する補色も行うときの料金比較
  • カビや劣化の恐れがあるブーツをクリーニングしたいときの対応比較
  • 丸洗いに加え、染め直しや縫い直しなどメンテナンスもしたいときの対応比較

安く丸洗いのみ行うときの料金比較

丸洗いと乾燥のみの料金を、1足と2足パックそれぞれで比較していきます。

【丸洗いのみ・1足の料金一覧】
boots_表1

丸洗いのみ・1足の最安値料金は【くつリネット】

くつリネット

【くつリネットの強みと特徴】

  • 1足のみ最安値料金(3,980円)
  • 栄養分やたんぱく質を配合した専用洗剤で革を傷めない
  • 年間取扱35,000足以上で経験豊富
  • サービス情報
  • クリーニング工程
  • 店舗情報
  • 宅配クリーニング 〇 納期 2週間~ 1足料金(税抜) 3,980円 送料 無料
    1. 検品 ・素材や汚れの確認 ・カメラでクリーニング前の状態を撮影
    2. 除菌 ・特殊室で12〜24時間かけて除菌・消臭
    3. 手洗い洗浄 ・専用配合の特殊な革用洗剤で革の栄養分を加えながら洗浄
    4. 乾燥 ・気温20-30℃、湿度は35%以下でゆっくり乾燥
    5. 検品・仕上げ ・検品の際に撮影した写真を使い、汚れの洗い残しや型崩れのチェック ・高級保湿クリームを使って仕上げ ・依頼に応じて補色・起毛
  • 会社名(店舗名) 株式会社ホワイトプラス (くつリネット) 住所 東京都品川区西五反田7丁目20−9 KDX西五反田ビル8F 📞電話 03-6632-9516メール customer@lenet.jp

WEBサイトはこちら

【丸洗いのみ・2足パックの料金一覧】
boots_表2-2

丸洗いのみ・2足パックの最安値料金は【美靴パック】

美靴パック

【美靴パックの強みと特徴】

  • 2足パック最安値料金(1足あたり2,750円)
  • 防縮材入りのオリジナル洗剤を使用しており、縮みの心配なし
  • ヒールのゴム替えなどのメンテナンスも可能
boots_表3
  • サービス情報
  • クリーニング工程
  • 店舗情報
  • 宅配クリーニング 〇 納期 2週間~ 2足パック料金(税抜) 5,500円 送料 送付時:無料 ※佐川急便利用時のみ
    1. 検品
    2. 手洗い洗浄 ・素材に合ったオリジナル洗浄剤を使用
    3. 抗菌・防臭加工
    4. 脱液・整形 ・靴の水気を取り除き、シューキーパーで形を整える
    5. 自然乾燥 ・じっくり1日以上かけて自然乾燥
    6. 仕上げ ・クリームを使って仕上げ ・依頼に応じて補色やメンテナンス
  • 会社名(店舗名) 株式会社トゥトゥモロウ (美靴パック) 住所 福岡県福岡市南区大楠3-28-33 📞電話 092-521-9807メール info@totomorrow.co.jp

WEBサイトはこちら

丸洗いに加え、元通りの色へ復元する補色も行う場合の料金比較

丸洗いに加え、補色仕上げを行うと色が復元され新品のように仕上げることが可能です。ムートンなど起毛素材の場合は、ブラッシングすることでツヤのある仕上げとなります。 1足と2足パックの料金を比較します。

【補色あり・1足の料金一覧】

補色あり・1足の最安値料金は【美靴パック】【美靴パックの強みと特徴】

  • 1足だけの補色なら最安値6,360円(基本料5,500円+補色860円) ※基本料5,500円は2足パック丸洗いの料金となります。
  • 防縮材入りのオリジナル洗剤を使用しており、縮みの心配なし
  • 職人による丁寧な補色もしくは起毛仕上げ
boots_表4-2
美靴パック
  • サービス情報
  • クリーニング工程
  • 店舗情報
  • 宅配クリーニング 〇 納期 2週間~ 1足料金(税抜) 5,500円 ※1足でも2足パック料金適用 補色・起毛仕上げ(税抜) +860円/1足 送料 送付時:無料 ※佐川急便利用時のみ
    1. 検品
    2. 手洗い洗浄 ・素材に合ったオリジナル洗浄剤を使用
    3. 抗菌・防臭加工
    4. 脱液・整形 ・靴の水気を取り除き、シューキーパーで形を整える
    5. 自然乾燥 ・じっくり1日以上かけて自然乾燥
    6. 仕上げ ・クリームを使って仕上げ ・依頼に応じて補色やメンテナンス
  • 会社名(店舗名) 株式会社トゥトゥモロウ (美靴パック) 住所 福岡県福岡市南区大楠3-28-33 📞電話 092-521-9807メール info@totomorrow.co.jp

WEBサイトはこちら

【補色あり・2足パックの料金一覧】

補色あり・2足パックの最安値料金は【美靴パック】【美靴パックの強みと特徴】

  • 2足パック最安値7,220円(1足あたり基本料2,750円+補色860円)
  • 防縮材入りのオリジナル洗剤を使用しており、縮みの心配なし
  • 職人による丁寧な補色もしくは起毛仕上げ
boots_表5-2
  • サービス情報
  • クリーニング工程
  • 店舗情報
  • 宅配クリーニング 〇 納期 2週間~ 2足パック料金(税抜) 5,500円 補色・起毛仕上げ(税抜) +860円/1足 送料 送付時:無料 ※佐川急便利用時のみ
    1. 検品
    2. 手洗い洗浄 ・素材に合ったオリジナル洗浄剤を使用
    3. 抗菌・防臭加工
    4. 脱液・整形 ・靴の水気を取り除き、シューキーパーで形を整える
    5. 自然乾燥 ・じっくり1日以上かけて自然乾燥
    6. 仕上げ ・クリームを使って仕上げ ・依頼に応じて補色やメンテナンス
  • 会社名(店舗名) 株式会社トゥトゥモロウ (美靴パック) 住所 福岡県福岡市南区大楠3-28-33 📞電話 092-521-9807メール info@totomorrow.co.jp

WEBサイトはこちら

カビや劣化の恐れがある靴でもキレイにしたいときの対応比較

カビが生えていたり、購入から時間が経っており洗うと劣化の恐れがあると、別途費用が必要もしくは丸洗いできない場合があります。 丸洗いできないときは、洗剤や除菌水で拭き上げて仕上げてくれる店もあるので、少しでもキレイにしたい場合はそのような店がおすすめです。

【カビや劣化の恐れがある靴の対応一覧】
くつリネット
boots_表6-2
美靴パック

  拭き上げ保証とは、丸洗いすると劣化が進んだり傷んでしまう靴に対して、拭き上げて仕上げる方法です。 外側の汚れ落とし、内側の除菌水での拭き上げ、靴クリームで仕上げていきます。

拭き上げ保証があるのは【くつリネット】だけ【くつリネットの強みと特徴】

  • 拭き上げ保証(1,200円)があり、丸洗いできない靴でも出来るだけきれいにして返却
  • カビが生えていても追加費用必要なしで丸洗いOK
  • 年間取扱35,000足以上で経験豊富
  • サービス情報
  • クリーニング・拭き上げ工程
  • 店舗情報
  • 宅配クリーニング 〇 納期 2週間~ クリーニング料金 3,980円~ 拭き上げ料金(税抜) 1,200円/1足 送料(税抜) 3,000円未満(税抜)の場合、送料980円 ※北海道など遠方の場合は4,000円未満(税抜)で送料1,960円
    1. 検品 ・素材や汚れの確認 ・カメラでクリーニング前の状態を撮影
    2. 除菌 ・特殊室で12〜24時間かけて除菌・消臭
    3. 手洗い洗浄 ・専用配合の特殊な革用洗剤で革の栄養分を加えながら洗浄
    4. 乾燥 ・気温20-30℃、湿度は35%以下でゆっくり乾燥
    5. 検品・仕上げ ・検品の際に撮影した写真を使い、汚れの洗い残しや型崩れのチェック ・高級保湿クリームを使って仕上げ ・依頼に応じて補色・起毛 【拭き上げ工程】 検品 ・素材や汚れの確認 外側拭き上げ ・独自の洗剤を含ませた布で丁寧に拭き上げ 内側拭き上げ ・除菌水を含ませた布で丁寧に拭き上げ 仕上げ ・高級保湿クリームを使って仕上げ
  • 会社名(店舗名) 株式会社ホワイトプラス (くつリネット) 住所 東京都品川区西五反田7丁目20−9 KDX西五反田ビル8F 📞電話 03-6632-9516メール customer@lenet.jp

WEBサイトはこちら

丸洗いに加え、メンテナンスもしたいときの対応比較

丸洗いだけでなくヒールゴムの交換などの簡単なメンテナンス、または染め直しや縫い直しなどの本格メンテナンスが可能な店もあります。

【メンテナンス対応一覧】

本格メンテナンスも可能で安いのは【美靴パック】【美靴パックの強みと特徴】

  • ヒールや底修理はもちろん、染め替えやファスナー交換など、本格メンテナンスが可能
  • 他店で断られた靴修理でも相談可能
  • 丸洗いは最安値。靴の修理+丸洗いもOK!
  • サービス情報
  • クリーニング工程
  • 店舗情報
  • 宅配クリーニング 〇 納期 2週間~ 2足パック料金(税抜) 5,500円 補色・起毛仕上げ(税抜) +860円/1足 送料 送付時:無料 ※佐川急便利用時のみ
    1. 検品
    2. 手洗い洗浄 ・素材に合ったオリジナル洗浄剤を使用
    3. 抗菌・防臭加工
    4. 脱液・整形 ・靴の水気を取り除き、シューキーパーで形を整える
    5. 自然乾燥 ・じっくり1日以上かけて自然乾燥
    6. 仕上げ ・クリームを使って仕上げ ・依頼に応じて補色やメンテナンス
  • 会社名(店舗名) 株式会社トゥトゥモロウ (美靴パック) 住所 福岡県福岡市南区大楠3-28-33 📞電話 092-521-9807メール info@totomorrow.co.jp

WEBサイトはこちら

まとめ

この記事では、自分で洗えるブーツと洗えないブーツ、そして安心してブーツのクリーニングを任せられる店をご紹介しました。

本革製のブーツは水に弱く、基本的には自分では洗えませんので、クリーニングに出しましょう。

無理して洗ってしまうと、型崩れや縮みが起きてしまいます。 1日履くとコップ1杯分の汗をかいてしまうブーツは、外側は汚れていなくても、内側では雑菌が繁殖しており、カビや臭いの原因となっていることもあります。

そのため、ブーツは汚れが気になるときだけでなく、定期的に丸洗いしてケアし、メンテナンスしていくと長持ちしますよ。

boots_kabi

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる