宅配クリーニングの選び方はこちら CLICK

キートン(kiton)スーツを出すクリーニング店の選び方|高級スーツに強い宅配クリーニングも

キートンスーツイメージ

「キートンーツをクリーニングしたいけど、どの店が良いのか分からない」このようにお悩みではないでしょうか?

キートンのスーツは高価で型崩れしやすいので、普通のクリーニング店に出しても良いのか心配になってしまいますよね。

そんな方のために、このページではキートンスーツのクリーニングを安心して任せられるクリーニング店をご紹介します。

目次

キートンのスーツを、普通のクリーニング店に出してはいけない理由

キートンのスーツの高い品質を保つためには、普通のクリーニング店よりも高級スーツに対応したクリーニング店に出す方が適しています。

それには、下記の3つの理由があります。

  1. ほぼ手縫いのため、型崩れや縮みが起きやすい
  2. キートンのスーツの品質を保つには、水洗いが必要
  3. キートンのスーツには、静止乾燥が適している

少し詳しくご説明します。

理由①ほぼ手縫いのため、型崩れや縮みが起きやすい

キートンのスーツは、ほぼ手縫いで身体にフィットさせるために意図的に糸の調子を緩くしている所があります。また、肩パッドや芯地もほとんど入れておらず、ミシン縫いよりも繊細で型崩れや縮みが起きやすいのが特徴です。

ですので、キートンのスーツをクリーニングする場合は、型崩れや縮みへの対策として「洗う前に各部分の採寸をして、クリーニング後にクリーニング前と同じサイズに戻す」「型崩れ防止の仕付け糸を打つ」などの作業が重要となります。

ただ、このような洗う前の採寸や仕付け糸のサービスは手間と時間がかかるので、高級スーツに対応したクリーニング店しか行っておりません。

しかし、キートンのスーツの型崩れや縮みが心配な場合は、必ず「採寸」などのサービスが行き届いたクリーニング店を選ぶのが安心です。

理由②キートンスーツの品質を保つには、水洗いが必要

キートンのスーツの高い品質を保つためには、ドライクリーニングに加えてウエットクリーニング(水洗い)でのケアが必要です。

なぜなら、ドライクリーニングだけでは油性の汚れしか落ちず、汗や尿でごわついたり、黄ばんだりした汚れはウエットクリーニング(水洗い)でしか落ちないからです。

キートンのスーツは、Super140(原毛16ミクロン)以上のウールやカシミヤ、シルクなど最高級の生地を使っており、しなやかで光沢があり、着心地が良いのが特徴です。

しかし着ているうちにどうしても汗や尿などの水溶性の汚れは蓄積されていき、キートンのスーツ本来の良さが損なわれていってしまいます。

ですので、ドライクリーニングだけでなく、定期的にウエットクリーニングを行いケアしていくことが重要なのです。

ウエットクリーニングは設備や知識が必要なので、対応可能なクリーニング店のみの取扱いとなりますが、キートンのスーツの本来の良さを長く保つためには、ウエットクリーニングができる店を選ぶと良いでしょう。

理由③キートンのスーツには、静止乾燥が適している

キートンのスーツを乾燥するには「静止乾燥」が最も適しています。

なぜなら、服は濡れている状態から急激に乾燥させてしまうと、型崩れや縮みの大きな原因となるからです。

特にキートンの生地は糸が細くデリケートなので、普通のクリーニング店で行われているタンブル乾燥(ドラム式乾燥機)の高熱や回転を加えながらの乾燥では、型崩れや縮みが起きる可能性が高まってしまいます。

そのため、少し価格は高くなってしまいますが、静止乾燥を採用しているクリーニング店を選びましょう。

キートンのスーツのクリーニング店選びのポイント

高級スーツをクリーニングに出す際、そのクリーニング店で良いのかを見極める大切な3つのポイントがあります。

  • クリーニング前後に採寸をしているか
  • ドライクリーニングとウエットクリーニング(水洗い)両方に対応しているか
  • 乾燥方法が静止乾燥か

①クリーニング前後に採寸が必要

クリーニング前後の採寸をしておく理由は、その素材や箇所に合った修正ができるからです。

例えば、縮んでしまった場合に、どの箇所がどのくらい縮んだかわかるので、適切な修正が可能になります。

細心の注意を持ってクリーニングしても、素材やクリーニング方法によっては縮みが出てしまうもので、採寸していない場合は仕上がりに縮みがあっても、どの場所がどのくらい縮んだのかが分からず修正のしようがありません。

だからこそ、クリーニング前後の採寸は重要です。

②ドライクリーニング・ウエット(水洗い)クリーニングの両方の対応が必要

ドライクリーニングだけだと充分に汚れが落ちないので、結局洗ったとしても劣化する場合があります。

  • 油性の汚れドライクリーニング
  • 水溶性の汚れ=ウエットクリーニング

衣類についた汚れは、大きく分けて皮脂やファンデーションなど油性の汚れと、汗や尿などの水溶性の汚れがあります。それぞれの汚れは、それに適した洗い方でないと落ちません。

そのため、全ての汚れを落とすには、ドライクリーニングとウエットクリーニングの両方に対応が必要です。

③静止乾燥が良い

高級スーツのクリーニングに静止乾燥が良い理由は、衣類に対してのダメージが少なく、痛みや縮みが少ないというメリットがあるからです。

クリーニングの乾燥方法は、静止乾燥とタンブル乾燥があります。

静止乾燥は、衣類をハンガーなどに吊るした状態で、温風などで乾かしていく方法です(自然乾燥の場合もあり)静止乾燥は乾くまでに時間がかかりますが、衣類の傷みや縮みは少なくなります。

一方、衣類を回しながら乾燥するタイプのタンブル乾燥は早く乾きますが、回すことによる痛みや、急激な高温乾燥による縮みも起こりやすいというデメリットがあります。

そのため、高級スーツには静止乾燥がおすすめなのです。

キートンのスーツクリーニングのおすすめ店

PLUS CUBE(プラスキューブ)

〜元アパレルデザイナーによる高品質クリーニング〜

plus-cube3

こだわり&特徴

  • 洗濯槽をオリジナル開発
  • 汚れを95%落とす前処理
  • 独自開発スーツ水洗い専用ネットを使用
  • 形を整えたまましわを作らず脱水する機械
  • 湿度を保った立体静止乾燥で繊維に潤いをプラス
  • スーツ上着だけで9台アパレル仕上げ機を使用
  • 元アパレルデザイナーの経験と知識
コメント
プラスキューブは、他のクリーニング店とは一味違います。

店舗がガラス張りで、スタッフさんのクリーニング作業風景が見えるようになっていたり、クリーニング技術の追求だけでなく、環境に配慮した洗剤を使用していたり、とにかく企業努力をしていることがよく分かるクリーニング業者です。

クリーニング料金自体は安くないですが、『こだわり』を裏から支える『技術力と考え方がシッカリしている』ので、納得できる料金だと思います。

品質を重視する方にぜひ使っていただきたい宅配クリーニングです。

\ 高級スーツでも安心感がある /

キートンスーツイメージ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる